上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.25 シソは草
昨夜はシソを巻き込んだ鶏胸肉を、
あめ色に炒めたタマネギソースに絡めて・・
あぁウンマー!!

冷えたビールも
あぁウンマー!!!!!

な夕食タイムを過ごしておりました。

が。

実はシソ買ったのは何ヶ月ぶりだろう?というくらい
普段はシソを買いません。
だってあの人たちは畑や庭の隅で勝手に生い茂っている
ただの。わざわざお店で買う物ではない。
と思っているからw


そういえば昔、母が言ってた。

「冬瓜は畑に転がってるからお店に並んでると笑っちゃう」

シソを草呼ばわりしてしまうのは
畑の冬瓜と同じなのかもしれませんなぁ。


育った環境によって、物の相場や価値は違う。
それは環境と習慣が生んだ ”当たり前” であって、理屈じゃない。

先日携帯の機種変更をしましたが、
スマホな時代であっても未だウィルコム(PHS)。
この感覚も、きっとシソにリンク・・・シソうである。



なんつって。









スポンサーサイト
2010.05.26 たまに和。
日本人だもの。
やっぱ和食も作らなくっちゃね!!


・・・って
ほんとはラムが食べたかったくせに、
強がってみせる洋食夫婦。



今宵、ラム様の誘惑に打ち勝ったのはコンサバ系~
ザ・オーソドックスな
サバの塩焼きwithショウガなり。

IMGP9937.jpg

そういえば昔、
なんでお寿司と一緒にショウガ(ガリ)を食べるの?って
尋ねてきた外国人観光客に、可哀想なアンサーを叩き付けた人がいたっけね。




「生魚は菌がいっぱいだから、殺菌消毒するんだ」

それを聞いた観光客らは
もっりもりガリを食べてたって話だよ。
ったく・・・外国人が外国人に変な情報を与えるんじゃありません!汗





2品目はこちら。
空豆と野菜の甘酢あんかけ
IMGP9941.jpg


ま、味も見た目もいたって普通なんですが?
ふと「甘酢」は英語でなんと表現するんだろうと思い調べたところ・・・


sweet and sour (甘くて酸っぱい)
sugared vinegar (甘い酢)


などと言うみたいです。
うーん、そのまんま過ぎて・・・大した感動も笑いも得られませんね
英語ってほんと面白くないよな。と思うこと多々あるんですが、
それを言うと夫が苦笑するので
あまり大きな声では言わないようにしています。







ただ、

小さな声なら
しょっちゅうです。


2009.12.18 初挑戦
TMKさんの日記の中で「ポークリブ&リンゴソース」の写真を発見!

ものすごく美味しそうだったので、さっそく試してみたくなり、
会社の姉さんからいただいたリンゴを使って私もリンゴ料理に
挑戦しました。


ポークリブが手に入らなかったため、
代わりに鶏の手羽を使用

IMGP9287.jpg 

     ↓
     ↓
     ↓

ジャジャ~ン!山盛りテヴァァ~!
IMGP9308.jpg


私は酢豚にパイナップルが入っていると大喜びする人種なので、
フルーツを料理に使うことには全く抵抗ありませんが、
皆さんはどうでしょう?

鶏手羽&リンゴの甘辛煮
嫌じゃなければ、ぜひ試してみていただきたい逸品です♪




-------------------------------------------------------


今泊まりに来ているスイス人から
面白いお土産をもらったので。UP。




手のひらに乗せると、いっぱいいっぱいの大きさ!
IMGP9311.jpg


これは何かと言いますと・・・


マシュマロがスカスカになったような
白いモノがたくさん詰まった


巨大なチョコ!


IMGP9314.jpg


スイス生まれのショッキングスイーツでございます。
甘いしデカいし、もちろん1回じゃ食べ切れませんが
面白いお菓子なので許しましょう。



ちなみに「もーげんこぷふ」みたいな名前なんですが、
南アでは「黒人のアタマ」という意味で使われる言葉のようです。。

一向に減らない
うちの絹さや・・




IMGP0001.jpg




もう、最後はサラダで大量消費するっきゃない


2009.04.26 絹さや祭り
先週、母親から食材の差し入れがありました

中身の主役はおばあちゃんから預かった味噌ピーと絹サヤだったのですが、
箱の隙間に、母親がお菓子や保存食のおまけを入れ
メガBoxにして送ってくれたのでした
毎度毎度ほんとにありがと~!

味噌ピーは、名前の通り味噌とピーナツで作った
おやつ(おかず?)で、前の日記にも書いた「ばあちゃんお手製味噌」が使われてます。
そしてビニール袋に入れられた大量の絹サヤは、変な草とか竹の破片が
紛れ込んでいたので..  祖父母の畑で採れたものだと思われます。
いいよね、この気取らない採りっぱなし感



共働きの私たちは食事の時間が不規則なので
調子に乗って食材をまとめ買いすると、食べきれないことが多いんですよね。
以前玉ねぎをドロッドロに腐らせてしまった教訓で、今ではどんなに安くても
保存の利かない食べ物は買いすぎないように気をつけているんですが、 たまに
こうして誰かから大量に貰うこともあるので、そんな時は茹でて冷凍したり
濃い味で佃煮にして保存します。それで。。。いよいよ保存期限が迫ってくると

「毎日食べようキャンペーン」を実施。

無駄にしないよう、なんとかがんばって使いきるのが
ぽかり家の掟なのでございます


絹サヤは大量でしたが、幸いギリギリ食べ切れるかな?というカサだったので
最後の手段使わずに済みそうです。。

 ホッ!




ところで一昨日、また宅配ボックスに発泡スチロールの小包が入っていました。l
しかもデカくて重~いの。だれかしら?と思ってラベルの差出人名を見ると、
おじいちゃんだ。母親経由ではなく、今回は直接送ってくれたらしい。
さっそく箱を開けてみると、中には下茹でしたタコノコがぎっしり!!!!!


そういえば先日お婆ちゃんに電話をしたとき、
タケノコ届いたかい?といっていたのを思い出しました。
どうやら母親に味噌ピーと絹さやを預けた際、タケノコもいっしょに母親へ
手渡していたらしく、てっきり私にも届けられていると思っていたようなのです。
ところが、私が受け取っていないことを知り、それならと直接送ってくれたのでしょう。


ありがとう。。。運ぶの大変だったでしょうに(涙)





しかし!!


そんな感激の涙が一気に冷や汗へと変わる
ある物を、私は見つけてしまったのです。






たけのこの下から出てきたのは、明らかに母親が送ってきた量の
2倍はあろうかと思われる


大量の絹サヤだ・・




おばあちゃん、どんだけ絹サヤ育ててんの。

しかも、これはもう受け取ったって。。。言ったよね~??笑






どなたか絹サヤを使った料理をご存知でしたら、おしえてください!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。