上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買っちゃっいました~ハロウィン衣装☆

091028_2002~001
試着室にてw



H&M製なだけあって、デザインがとってもとっても個性的☆


だから私が着ると、まるで

「 いくよ ・ くるよ 」 の衣装のようになってしまう・・


ただそんな悲しい現実も
ハロウィンの衣装なんだと割り切れば、むしろ似合わないことに感謝して
大いに 「いくよ」 を楽しみたいっ。そんな気分にさせてしまうくらい、
ユニークすぎて可愛いの(Д)

今週末は2日連続でハロウィンパーテーの予定がありまして、
初日はクラブのイベント。そして間髪入れずにパーテー@ポカリ宅
もちろん2日ともパープルドレスで見参します!!!
気分は上場↑株あが~れ~



ちなみにこのドレス
真っピンクversionもあったのだけど・・
より一層コントな姿になってしまうため断念しました。

091028_2005~001
試着室独占




でも今考えれば、むしろピンクで笑いを取って
ハロウィン的勝ち組と呼ばれてみるもの良かったかしら。
所詮、ハロウィンなんて笑われたもん勝ちなんだしね。



こりゃドレスで怖気づいた分
小物で笑いを取るしかないな!



スポンサーサイト
昨夜はオーストリアのナショナルデーを祝したレセプションがありまして、
招待された夫と共にオーストリア大使館へ行ってきました。

夫は何度も訪れていますが、私はもちろん初めてです。
昨日は雨でしたし、6時の時点で既に真っ暗だったため
外観はよく分かりませんでしたが、館内は天井が高くてとても素敵☆
玄関に飾られた菊のフラワーアレンジメントや壁の掛け軸からは
マルチナショナルな雰囲気が漂っていました。
これって大使のセンスなのかしら♪


レセプションは両国の国歌で幕を開け、その後大使の挨拶がありました。

大使は、日本とオーストリアの交流年である2009年はそれに因んだ
イベントが各地でたくさん催され、それぞれが大盛況だったという話から、
現在のオーストリアの経済状況といった話。それから・・・・・・
たぶんもっと色々な話しをされていたと思うのですが、残念ながら私は
ほとんど理解できませんでした。
だって・・全部ドイツ語なんですぜ(汗)

イッヒ
ドッホ


シュヴァ~~(;´д`)



当たり前ですが、大使だけでなく周りの会話も
みんなシュヴァ~シュヴァ~言ってましたね。

だからゲスト同士で会話をしても、サッパリ分からず。
たまに気を遣って英語を話してくれるのですが、やはり
アルコールが回ってくるとドイツ語にシフトしてしまうらしく
大使館の方でさえ「独」を貫き通しておりました。




そんな中、最後の最後でようやく日本人の女性に出会いまして、
やっと普通に話しができるよ~・・と、内心とても救われました。
彼女は空港で働いているそうで、同じ千葉出身というところから
会話が弾み、しまいにはオーストリア大使館でミソピー話。
最高ですわw

ちなみに彼女をエスコートしていた男性はテレビCMなどに出ている
プチタレントだと言っていましたが、うちはテレビが無いのでねぇ。
有名なのかどうかは分かりませんがイケメンだったのは確かです。





あ、そうそう!!
オーストリア人が大食漢なのは知ってましたが
ものの十数分でブッフェの食事がスッカラカンになったのには驚きましたよ!


私たちはウッカリ出遅れ列の後ろの方に並んでいたので、料理を抱えたゲストたちが
どんどんこちらに戻って来るの。どんな料理があるのかなぁ・・なんて、チラっとお皿を
覗こうとしたら、もうわざわざ彼らの方に顔を向けなくとも皿に山盛りの料理が自然に
視界に入ってくんの(笑) それくらい、すごい盛んの!

みんな一度にたくさん取るものだから一人が料理の前に留まる時間も長いらしく、
なかなか順番が回って来ないのはそのせいか。
と、妙に納得してみたり。

結局、私たちがテーブルに着いた時には既に料理の姿は無く。
もはやこの器に肉が入っていたのか魚が入っていたのか
想像するのも難しいと言うくらい、なんにも残っていませんでした。

次回はぜひ早めに並んで、せめて器にどんな料理が入っていたのか
くらいはレポートできるようにしたいと思います(Д)


IMGP8854.jpg


あとドイツ語ね・・・



遅ればせながら襲ってきた夏の疲れや
イベントづくしの私生活のお陰で、
先週はブログの存在すら忘れていました。

そして気づけば外は秋の風になり、旅行会社のパンフレットは
紅葉×温泉の文字だらけ!もう10月も終わるってのに衣替えも
ロクにできていない・・





何かしなきゃ~

何かしなきゃ~







と焦りつつも
実はちゃっかり来月の連休に温泉旅行の予定を入れていたことを
今になって思い出して、自分の記憶力にちょっと泣けました。
テンションと声を上ずらせて予約した温泉宿なのに。。。


そして昨日、衣替えの代わりに髪を切ってみたんだけども
これがまたOKAPPA・ATAMAなオーラが出ていて
涙が出そうになるんだなぁ
カワイイ子なら似合うんだろうけど私みたいなスッポロ顔が
オカッパしたって誰が萌えるかって話だし、マフラーが巻き易い
っていうくらいしか利点が思いつきません(汗


どうか
来月の温泉に育毛効果が含まれていますように。。。

夫と2人、切に願う初秋であります。





さて、気を取り直して
ここからは先週作った “ビリヤニライス” をレポートです☆

ビリヤニライスはインドの炊き込みご飯のことですが、
またの名を 「めんどくせーやつ」 と言いまして、
本当に時間と手間と洗い物の多い料理なんですよ。
今回は手間をかければかけるほど美味しくなると信じ、1日がけで作ってみました。

ただ、食べる頃には力尽き・・
完成した料理の写真を撮り忘れてしまったため
作り途中をハイライトでお楽しみください。


【材料】
鶏むね肉
玉ねぎ
しょうが大量
にんにく

ヨーグルト(鶏肉を漬け込む用)
唐辛子
コリアンダー粒

インディカ米ORバスマティ米
カルダモン
クローブ粒
シナモンスティック


ホールペッパー
ターメリック
カイエンペッパー
ガラムマサラ


【手順】
鶏肉をヨーグルト(ターメリック+塩こしょう)に漬け込んでおき
IMGP8825.jpg


スパイスと一緒に煮込んでカレーを作る
IMGP8821.jpg  IMGP8826.jpg



カルダモン+クローブと一緒に米を炊く(・・・「茹でる」に近い)
IMGP8823.jpg  IMGP8822.jpg



<< こっから先の写真を撮れず・・・・・・・・・・・・・・・・・・ >>


カレーと米を交互に重ねて鍋に敷き詰め、
水気が無くなるまで蒸し焼きにする。

蒸しあがったらカレーと米を混ぜ合わせて出来上がりです。
クックパッドとか、ケンタロウ的なお料理サイトを見れば
もっと気の利いたレシピが載ってるはずなので、気になる方は
そちらの正しいレシピをご覧ください。

私のは、あくまでも目分量で適当ですから
アテにしない方がエコですよw

2009.10.08 タイフーン
へくとぱすかるは1000に近く

名古屋では最大風速40めーとる以上を記録した大型台風が

ついにココ、東京にもやってきました!

どんなにすごい雨が降っているかと思っていたら、
出勤途中の午前8時には既に台風一過を思わせるような
ギラギラ太陽がぁ( Д )

これは嵐の前の静けさってやつなんでしょうか。


しかしJR各線ほぼすべて止まっているため
渋谷駅は足止めをくらった人達でごったがえし・・
改札も駅員さんも見えませぬ。

天気よりも、人の嵐の方が若干勢力強めであります(汗)



人混みが苦手な私はスっちゃかメっちゃかの渋谷駅から
逃げるため、比較的空いているバスへ移動して
無事に会社にたどり着くことができたのですが
同じ部屋の1人は電車の替わりに徒歩で。
とーほーで!出社してきたのでした。

でもそのおかげでお昼ゴハンはいつもよりも
美味しく感じられたことでしょうっ☆


おつかれさまでした。

2009.10.05 二重国籍

先日、夫宛にオーストリア大使館から一通の手紙が届きました。
中身は 「ナショナルホリデー祝賀会(?)」 への招待状です。

嬉しいことに配偶者も一緒に出席して良いらしく、それならばぁ!
と、喜んで便乗させていただこうと思っているわけなんですが。
そもそもどうして南アフリカ人の夫が“オーストリア”大使館から
招待されるのか全くワケが分からなかったんです。
すると私の妄想は一気に膨らみ



え、え、えぇ??
もしかしてうちの夫、
実はオーストリアの偉人系?



あらためて夫の・・・
夫の顔を見るまでは、そんな非現実的な妄想で
頭の中をパラダイスにしていたバカ妻でしたが、
よく考えたら彼のお母さんは生粋のオーストリア人だし
彼自身も南アとオーストリアのパスポートを両方持っている。
だから偉人じゃなくても祝日のお祝いに招待される資格は
十分あるんだと分かった瞬間、

あぁ、式典ね。

くらいのテンションに戻ってしまったのでありました。


しかしながら
私は異国の在日大使館に呼ばれたことも無ければ
どんな人達が来るのかも想像がつきませんので、
出席するのは楽しみだけど内心ちょっと不安です。
服は?マナーは?挨拶はやっぱドイツ語じゃなきゃだめ?

ちなみに 「もう集中できな~い」 は私が最も得意とする
ドイツ語ですが、祝賀会では・・少なくとも酔っ払うまで
使い道が無さそうですわ。



さて、
二重国籍の話について疑問に思ったことがありました。それは

●例えばどちらかの国に対する犯罪で有罪になった場合、
  二重国籍の人はどちらの国の法で裁かれることになるのですか?

●そして日本のように多重国籍が禁じられている国で犯罪を犯した
  場合、同じくどちらの法にて裁かれることになるのでしょうか?

ということです。
もちろん夫が罪ったわけじゃないんですよ?
ただ、もともと 「国籍は1つ」 の世界しか知らない私にとっては
小ネタ程度に気になる話。
法律に弱い私が一生懸命考えても結局「集中できなーい」状態に
なるのは分かっているので考えませんが・・
答えを知っている人は絶対私に教えるように!

南アから帰ってきた翌日、街をウロウロしていたら
書棚の目隠しにちょうど良さそうなインド綿を見つけ、
店先で広げて品定めをしていたところ
お店のお姉さんに声をかけられたのがコトの始まり。

お姉さんは私に何かを感じたとかなんとか言って、
ものすごい勢いで話しかけてきたのですが、
その時の私といったら


■英語調になってしまった妙な日本語を話し (無意識)

■アフリカンテイストの服と装飾品を
 身に付け過ぎた変態 だったので(意識的)


そりゃまぁ何かを感じる方が普通でしょうねぇ~
と、心の中で呟きながらサラリと流す。


エスニックが好きなんですか
派手な色が好きなんんですか

とか聞いてくるけど、そんなの私の風貌を見れば
聞かなくっても分かるでしょうに。

っへ!



ところがお姉さんは私の側から離れるどころかどんどん迫り、
ついには話題を・・  
投げかけてくる質問を、こちらのプライベートな部分にまで
広げるようになったのでした。


初対面の客に向かって
なんて失礼なやつだと思いながらも
得意の「無視」でその場をかわし、インド綿に一点集中!


しかし
ある話のクダリから私は彼女の話に意識を奪われる・・


--お姉さんの語り--

あ、そうそう
私の親戚はオペラをやっているんですよ。

今はヨーロッパにいるんだけども・・

彼女は負けず嫌いでね・・

芸術系の友達が沢山いてね・・

とても天邪鬼でね・・

--語りは続く・・・--













あなた?







私のことを言ってるようで恐いんですけど、
もしかして・・・



えぇ、そのもしかして。
なんと彼女は私のことを全て見抜いておりました。

先に言っておきますが、私は相手の話を一方的に聞いていただけで
その間一切自分の身の上話はしていませんし余計な情報は口に出して
いないのですよ。むしろ早くこのお姉さんの口が渇いてレジかどこかに
退散してくれないかと心の中で繰り返し唱えていたくらいですから、
話題を広げて墓穴を掘るようなマネはしていないのです。


なのにこの人ったら私のオーラは何色だとか、ご先祖様がどうだとか、
かなりスピリチュアルなことを言ってきて挙句の果てには
「気が合いそう!」とハシャギ出す。。
何度も言うようだけども、私は彼女と意気投合する会話は何も
交わしていないのですよ?


結局、彼女はチョットまって!と一度向こうに戻って行き、
自分の名前と連絡先を書いて私の前に差し出しました。


新手の宗教勧誘かしら。と疑いましたが、
決してデタラメな内容を言っているのではなく、私の趣味や性格や
最近の心情に至るまでかなりツボな話をしていたのが
とーてーも不思議で気になりました。アフリカナイズされた
私の服よりも遥かに奇妙。
というか謎。



それからさ、

買おうとしていたインド綿を
「あなたの部屋には似合わない。レースがいいわよ」
と猛反対されたのね。だから半信半疑ながらもユ○ワヤへ
買いに行ったわけ。
それでまたしても半信半疑で棚と同じ色のレースを買ってみたところ、
確かに部屋に馴染んでいたのはビックリ冷や汗(´Д`)

だって私、自分の部屋の話なんて
彼女に何も話してないんだよね。。。



ちなみに
彼女は先月末でその雑貨屋さんを辞めたみたいです。


2009.10.01 南アルバム
というわけで、横着アルバムをお披露目。


テーブルマウンテンの頂上にて
IMGP8702.jpg 

80近い爺ちゃんの記憶の中にも
「テーブルマウンテン」は存在していたようだった。
さすがケープを代表する山なだけあるわ!と感激したのも束の間
IMGP8746.jpg IMGP8733.jpg IMGP8711.jpg

よくよく聞いたら 「テーブルモンキー」 と言っていた。
IMGP8701.jpg IMGP8616.jpg

IMGP8586.jpg RIMG0012.jpg




こちらは喜望峰。
RIMG0009.jpg IMGP8506.jpg IMGP8515.jpg


自他共に認める暴風雨女。

だった私が、ケープタウンでは天気に恵まれ、
天気が変わりやすいと言われる山でさえ
太陽が背中にアツイくらいに晴れていた。
だからもう私のことを気軽に雨女と呼んだり
雨が降っても私の顔を見ないで欲しい。

IMGP8548.jpg IMGP8543.jpg IMGP8552.jpg



トカゲとかバブーン(ヒヒ)とか
RIMG0003.jpg IMGP8400.jpg 

ペンギンとか
IMGP8129.jpg IMGP8118.jpg






アルバムは
あともう1回くらい続きます⇒


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。