上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.06.17 がっかりだよ
趣味で繋がった仲間が、日本文化の領域におけるアーティストとして飛躍しようと頑張っております。
その人は ふとしたキッカケで自分の才能に気付き、無計画のまま脱サラし、アーティストとして生きることを決めたらしいです。
その人の作品は、確かに個性的だしアーティスティックでかっこいいと思います。
日本の文化を随所に漂わせる所は、同じ日本人として誇らしくも思います。
これから更に活動を広げていって頂きたいなぁと、応援したい気持ちも持っています。

ただ、先ほどその人が某SNSで こう呼びかけていたのです。

【海外で自分の作品が取り上げられることになりました。自分の作品なので、作者である本人も現地に行きたいと思ってます。日本文化の普及に一役かってきます云々。でもお金がありません、みなさん支援をお願いします云々。】

短くまとめると、こんな感じで渡航資金を募っていました。
私はこの投稿を読み、一瞬にしてその人のことが嫌いになりました。
これは会社で言うところの株主集めであり、公益法人で言うところの寄付金集めにあたるのだと思います。
そう考えればいたって正当な呼びかけなんだと思います。

ただ、、、この人の場合、自分の作品には相当の自信があって、何ヶ月も前から出品に向けて準備をしていたはずなんですよ。
いや、、はず ではなくて、していたんですよ実際に。
なのに今回の渡航を予期しておきながら支援金を募るというのはどうなんだろう?と疑問が湧くわけです。
支援金を依頼する理由として「自分は不器用なのでお金儲けが出来ません」と宣っておりましたが、フリーで活動しているなバイトくらいできるはず。バイトでコツコツ貯金するっていう発想は無かったのでしょうかね。
飛行機代くらい自力で稼げないものでしょうかね。
おこがましいようですが、チンケなわたしでさえ、大学生の頃はバイト代だけでイタリアだのフランスだのに出かけてましたよ。

普段、SNSで大それたことを曰われている方だからこそ、今回の「ご支援お願いします」には心からガッカリしました。
日本文化を背負って立とうというのなら、人のカネなんかに頼るなよ!と言いたいです。趣味にカネ使うくらいなら本業に回せよ馬鹿たれが!!と、かつて応援していた身として文句を言いたいです。

ちなみにその趣味、かなりお金がかかります。

「 肩を落とす」とはこのことか、と。
改めて実感した本日23時の出来事でした。
スポンサーサイト
2015.06.05 必殺仕事人
脳裏に染み付いた映像や
五感で覚えた記憶を
意図的に消すことはとても難しい。

嫌いな曲ほど耳に残ってイヤーワームになるのと同じで。
逃げれば逃げるほど近づいてくる小虫と同じで。
押すな押すなと言えば言うほど落とされるのと同じで。

記憶には、こちらの意思を優先できない厄介な所がある。


ただ、記憶の価値を下げることはできると思う。
たとえば記憶の化身を手放すことで
それが如何にメモリ容量の無駄遣いであったかを悟り、
空き容量に何を取り込もうかしら?
なんて前向きな希望さえ湧いてくる。


最近、ゴミ袋にして数枚分の化身を処分してきた。
おまえはゴミだ〜もう要らーん!
と袋に放り入れれば
たちまち紐付けられた脳内メモリもゴミと化す。
いやぁ、これは実に気持ちが良いものだ♪

あまりに気持ちが良いのでホイホイ手が動き、
もはや何を捨てたのかすら...
覚えていない(笑)

だが、これでもう記憶を呼び起こす危険因子は無くなったのだ。
なんと清々しい初夏の始まり!!




、、、と思ったら。
どうやら梅雨入りしたって噂がチラホラ。



そういえば
もうすぐ私の誕生日だった〜(´Д` )
←梅雨真っ只中のため
ほとんど晴れたことがない


さすがに天気は操れないやな(´・_・`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。