上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.22 Dr.Sの3ヶ条
先月、アナフィラキシーの原因を見つけるために受けた血液検査
その結果を、さっき病院で聞いてきました。


<<検査項目>>

■疑わしい食品
  ・ライ麦
  ・大麦
  ・モモ
  ・キウイ
  ・リンゴ
  ・麦芽
  ・グルテン 他

■腎臓
■肝臓


以上、すべて異常無しでした。本当なら安心して喜ぶところなんだけど、
じゃ あの発作は何だったの???と逆に疑問に思ってしまうよね。

しかも 

「もともとアレルギー体質・・というわけでもないね」
 とか
「たまたま悪い条件がそろってしまったんだよ」

とか言われて微妙に混乱している状態なのに、このドクターったら
その日飲んだサプリメントを聞いてきた。

すかさず「アミノ酸」です。って答えたのだけど、そうじゃなくて
商品名が知りたいらしい。

ちょ・・・ とか思いながらも小さな声で



MUSASHIです



しかし、小声過ぎたのか何度も聞かれ

ムサシです  < ムサシです < ムサシです

診察室でムサシ大連呼
この医者、絶対 S だと思った。



Dr.Sが言うには、アレルギーに関する血液検査は
症状が出た!と同時にやらなければ、正確なアレルゲンを特定することも
結果に確信を持つことも難しく、ザックリとした結果しか解らないんだそうで、
中でも私のような “時と場合” に因るアナフィラキーは、目の粗いザルで
小麦粉を振るうようなものなので、ほぼこうなることを予測しての検査だった
ようでした。
要するに、患者を安心させるためのデータだってことですね。


それでも不安で、原因を究明したい人や、命取りになり兼ねないほど
症状が重い人のために「負荷試験」という検査方法もあるのですが、
わざとアレルゲンを摂取する“人体実験”は、心身の負担が非常に大きく、
本当の本当の本当に深刻でない限りはオススメできないんだとも言っていました。

Dr.Sが 実際にあった負荷試験をいくつか教えてくれたのだけど、一番面白かったのは

崎陽軒のシュウマイ弁当
アナフィラキーを起こしてしまう女性の話ww
空腹の状態で、シュウマイの皮だけ食べたり、おかずの1品目だけを食べたり、
1口食べて走って休んで。また1口食べて、走って休んで・・・を、何ヶ月も
やっていったそうですよ。

崎陽軒にしか反応しないなら、別の弁当食べればいいじゃん!w
って思ったのだけど、不意に浮かんだ自分の言葉にドキっとしました。
だって、今まで私のアレルギーを真剣に取り扱ってくれなかった医者は、
みんな 「食べなきゃいいじゃん」 しか言わなかったから。。。


当事者じゃないと分からない辛さや不安があることを、医者はもっと
知るべきだと思いますね。 「大丈夫」と言われて不安が解ける人もいれば、
逆に原因が分からなくて深刻になってしまう人もいるんですから。 

ココに・・・


でも今回は真剣に話を聞いてくれる専門医に出会えたことと、
異常なしのデータ以上に、納得のいくアドバイスをくれたDr.Sに
とても感謝しています。

で、下の3条が そのアドバイス

☆原因を見つけることよりも、運動前後の体調管理をしっかりすること

☆症状が起きてしまった時の、正しい処置を知っておくこと

そして

☆何かあったら私(=Dr.S)を頼ること


Sのおかげで、原因探しに執着するのは止めようって思えてきました。
まだ不安は残るけど、何かあったら駆け込める場所ができたのだからね。




よろしければクリック
↓おねがいします↓



Secret

TrackBackURL
→http://pokarhythm.blog59.fc2.com/tb.php/158-b591b7db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。