上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すみません、またまた会社案内作成の話です。


今回作ったのは「ポケットファイル」+「A4リーフ×4枚」の
差し替え可能なタイプ。最近の会社案内は、製本された冊子に代わって
抜き差し自由なファイル型が多くなってきているようでして、
うちの会社もこれを真似して作りましょう!
・・と、みんなが出した要望だけで話は進んでいきました。

印刷関係の知識は何も持っていなかったので、プロに頼んでしまえ!
そうすれば何とかなるだろうという甘い考えで、すぐさま希望を了承して
しまいました。
この甘さが、後々自分を悩ませることになろうとも知らずにね↓汗


悩み①印刷会社が見つからない

これだけファイル形式を導入している企業があるのだから、作成してくれる
印刷会社なんて簡単に見つかるはずだわぁ♪
インターネットにキーワードを入れて検索してみると・・
思った通り!たくさんヒットするじゃないですか♪
各印刷会社の制作事例に「ポケットファイル」があるかどうかを確認して、見積りと
サンプルを送ってもらおう。そう考えた私は、幾つかの会社に連絡を取りました。

そして数日後、送られてきたもの見て愕然。他社が作っている実際の会社案内と
質が全然違うのだ。
手触り・色・紙の厚み・ポケット部分の深さなど、頭に描いていたサンプルとは
全く別のものを受け取って、はて~・・・何をどうしたらよいのやら。

並べられたファイルを しばし淡々とイジくっていたところ、紙には沢山の種類が
あることに気がつきました。
今となっては、当たり前だろ!とツっ込みたくなるほどアホな閃きなのだけどw
その時は世紀の大発見をしたかのようなテンションでした。
なにせ納品の目標日まで時間に余裕がありませんでしたしねぇ。

紙だ!形だ!仕様を決めなくては!!
アホな閃きに導かれ、まずは自分が作りたいファイルの仕様を決めることに。


困った時は他の社員にも相談してみるものですね。たまたま人事担当が
「用紙見本帖」というものを持っていたんです。なぜ持っていたのかは謎ですが、
理由なんて聞いてる場合じゃありませんでしたので、雑談も早々に切り上げて
紙の名前や規格について できる限り紙の特徴を覚えました。

090313_1532~001


後に分かったことですが、紙質は印刷価格に大きく反映されるんですね。
印刷会社にも依るようですが、取り寄せの手間代を取られたり試し刷り代金を
高くされたり。何も知らないでお任せしてしまうと、最初は楽でも最後で痛いことに
なってしまうんです。医療と同じで、プロに何かを頼む時は こちらもそれなりの
予備知識をつけておく必要があるんだなって思いました。


2~3日見本帖と格闘しつつ、ようやく一通りの仕様が決まり、紙も決まり、
あとはどれだけ高い品質で安い見積もりをもらえるかのステージに入りました。
でも、やっぱり希望に沿ったファイルを作ってくれる会社が見つかりません。

なんでこんなに悩むのかというと、きちんとしたファイルを作ろうとすれば
それなりの金額がかかってしまうこと。かと言って値段重視で依頼すれば、
やっぱり安いなりのモノになってしまうということが、会社を決められない
理由でした。

しかし、ここでもまた、他の社員が救世主になってくれるのです。
しかも人事担当。 あの、見本帖をくれた人w 笑

彼が採用関係でお世話になっている会社の方に、ちょっと相談してみたそうです。

「おたくはどこで会社案内を作ってるんですか?」

この質問で事態は急展開♪ なんと相談した相手の友人が印刷会社に勤めており、
まさに私の求めているファイルと同じものを作っているというのです。

相談ひとつで、あっさり解決された会社選び問題・・。
つくづく人脈の大切さを実感した瞬間でした。

私ももっと人脈を増やしていきたいですね。
自分のために・・




よろしければクリック
↓おねがいします↓






Secret

TrackBackURL
→http://pokarhythm.blog59.fc2.com/tb.php/181-f09a465e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。