上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「誰でもできる」


と唱っているスキル本は、目的のものを一度だけでも触ったことや開いたことの
ある人だったら 「できる」 というような書き方をしていると思うんです


big.jpg




今年に入ってから財務関係の本を読んでいるのだけど、いくらタイトルに
優しいフレーズが入っていても、やっぱりある程度の予備知識は頭に入れて
いないとダメみたい。。

アルファベットが読めない人に英語を読めと言っているのとおんなじで、最低限の
財務用語くらいは理解しておかないと表紙を開いた瞬間から迷子になってしまうのね・・。
だから初心者の私には まずその単語を理解するという課題があったのだけど、
これがまた時間がかかるのなんのって(汗)


たとえば
文章の説明文の中に分からない言葉があったとするでしょ?


その言葉を辞書で引くでしょ?


で、また説明文が分からなくってネットで検索するんだよ。


だけどもま~たオカシナ言葉や計算式が現れたりして・・・


たかが1章を読み終えるために、しばらく字引のローテーション。


精神的には


アリジゴク






中でも一番困るのが、無意味に略された3文字のアルファベット。

漢字で表しても頭に入りにくい 「何とか率」 っていう言葉を妙なアルファベットに
置き換えないで欲しいです。
PBR だか PER だ かWHO だか知らないけども
これを素早く頭に入れる方法はないものでしょうか




もしも今

自分の願いを聞かれたら、すかさず

バツグンの記憶力


と答えるでしょう



Secret

TrackBackURL
→http://pokarhythm.blog59.fc2.com/tb.php/210-dd4e12a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。