上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
街ネタ2連チャンですんません



私の住んでいる地区は、広い範囲で見れば買い物客や行楽客で
毎日大フィーバーなのですが、マンションがあるのは
そこから少し外れた静かな住宅地で、一見さんが行き交っているとは
とても言いがたい地味なエリアなんですね。
実際、賑わっている区域は人が集まって来るだけあってお店も
充実しているし、ふらふら歩いているだけでも楽しいんです♪
でも、住んでいる人にとっては人気故の難点が・・・。
たかがトマト一つ買うために何分もレジに並ぶなんてことは
できれば避けたいわけですよ。

そんな時、強い味方になってくれるのが
住宅街と最寄駅を繋ぐ商店街の存在です☆
短くて小規模ですが、あって嬉しい八百屋・スーパー・米屋から
無くてもよろしい布団屋さんまで・・・ひと通り用が足りるお店が
そろっているので助かります。
そしてスーパーに立ち寄るお客さんは大抵一度や二度は
見覚えのある顔だったり、下手すれば同じマンションの
住人だったということもよくありますから、考えることは皆
同じなんだと思います。

だけど毎日お客さんの顔ぶれが同じだと、お店としては
変に値段やサービスをごまかせませんから大変ですよね・・

「本日はお休みさせていただきます」


っていう貼り紙も、たまたま訪れた人なら「残念だったね」で
終わるのでしょうが、毎日通りすがる人からすれば、その事情も
臨時なのか定休なのかというところまで自ずと見抜けるように
なってしまいますからね。




たとえば


「役員会に出席のためお休みします」


と書かれた貼り紙。
初めて見れば、あぁそうなんだと思うでしょう?
さほど行きたいとも興味の沸くお店でもありませんでしたが
私も引っ越してきたばかりの頃は、その貼り紙を信じていました。

ついでに言えば、朝7時~深夜1時(だったと思う)の長時間労働なのに
会議だなんて大変だなぁと同情さえしたものです。


でも
週に2回も役員会が開かれるなんて
ずいぶん熱心なサンドイッチ屋さんだこと・・・。
使い回された手書きのお知らせに向けられた同情が
疑惑の念に変わるまでに
そう長い時間はかかりませんでした。


私はそのお店にだんだんと興味が沸いてきました。
もちろんサンドイッチにではなくお店のお休み具合と経営者にね。
私は得意の妄想を働かせて彼らを観察し続けました。
すると半年もしないうちに、休みのペースは週に約2度。
休む時理由は毎回必ず役員会。そして売り切り作戦と見られる
「時間帯割引」が実施されていることなどが明らかになったのです。

((蛇足:時間帯割引とは→時間が遅くなるにつれて
                  安くなるという怪しいサービス))


そして手書きのお知らせからは想像もつかないほど
整いすぎた看板とオシャレな店名から、おそらくフランチャイズのような
営業形態なのだと推測できました。
そのような店なら役員会が開かれてもおかしくないかもしれませんが
いくらなんでも週に2度はあり得ないだろっ。
きっと、そう感じていたのは私だけではなかったと思います。
誰かが告げ口したのか、それとも商店街から何か言われたか・・
年明け以降、役員会の貼り紙はパッタリ見られなくなりました。



が、そんなことでメゲる店主じゃありません。
店主がとった次の策は、実に落語的な




「本日は売り切れました。ありがとうございました」





あららら。。
開店と同時に売り切れてしまったみたいです。



週に2回の役員会が功を奏した結果でしょうか。



Secret

TrackBackURL
→http://pokarhythm.blog59.fc2.com/tb.php/220-426316bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。