上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学時代の友人と2年ぶりの再会をはたしました☆
しかしブランクがあったせいか、相手もまた私と同じ
極度の方向音痴だということを
すっかり忘れておりまして・・・




地図を持ち、目印を読み上げながら
「もっと先、ファミマの奥」 と、口で道案内をする彼女。
けれども本日の目的地 = メキシコ料理屋さんはおろか
目印のファミマさえ見当たらない。

そんなとき普通の人なら道の間違いを疑うか、再度地図を確認するのが
当然の行動だと思うのですが・・本物の方向音痴とは、自分たちの立っている
位置が正しいと信じて改めないという致命的な弱点があることを
是非とも覚えておいていただきたい。


それを証明するかのように
私達はファミマ、もしくはそのビル自体が取り壊されたと決めつけて
目印の存在自体を抹殺。
そして地図が古いじゃないかと文句を言い始める始末。
かといって誰かに道を聞いたりお店に電話をするわけでもなし。
だって自分たちの行く道が間違ってるとは
これっぽっちも思っていないのですからね。






地図を回転させずに道を読める夫は

地球外生物だと思っています。




新宿の夜
IMGP7096.jpg

無事に着いてよかった。。
IMGP7092.jpg



Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。