上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.28 旅の記憶②
【旅の記憶】

第一の感想は、とにかく黒人が多かったということだ。
正直もっと白人やアジア系の人間がたくさんいるのだと思っていたが、
空港から外に出るやいなや見慣れない人種に囲まれる。
外務省のHPで見た、危険度「高」の注意報が頭を巡りなんだか急に
恐くなってきた。これまでに何度か海外へ出かけているが、こんなにも
恐いと思ったことはなかったし、目のやりどころに困ったことは一度もない。
思わずサングラスで目を覆ってしまった自分が面白かったw

しかし、この「恐さ」は、時に悲しさと屈辱にも変わることがあった。

アジアの黄色い人種が珍しいのか、しきりに私たちを観察してくる
町の人たち。
小さな子どもまでもが「じゃぱにーず~」と指をさす。
スーパーでは万引きを疑われて荷物のチェックをされ、レジに行くまで
マークされているのが視線で分かる。
1週間滞在していてアジア系の人間を見たのは最終日のみ。
ツアーか何かで訪れた日本人観光客数人だけだが、彼らは何も
嫌な目に遭わなかっただろうか・・汗


ただ、決して悪い対応ばかりでなかったことも言っておかねば
いけないね。
全く知らない人同士でもまるで友達のように会話ができたり、
目が合えば必ず挨拶する。そんな大らかで温かい人たちが
ケープタウンには溢れてる。
お義母さんは、ヨハネスブルクは東京と同じように冷たい人が
多いのよと言っていたから、同じ南アでもケープタウンは特別
人の温かい所なのかもしれない。南アきってのリゾート地でも
あるというから、日本でいえば沖縄のような所なのかな?

どちらにしても、オーストリア出身のお義母さんがケープタウンを
愛して住み続ける理由が、少し分かったような気がする。




さて。
深夜2時にシンガポール出発し、ケープに着いたのは現地時間の
午前10:30。当然みんな・・・・眠い。
移動中の車の中でも、今日はどこも行かずにゆっくりしてても
良いかもね。なーんて着いて早々ネガティブな会話をしていたくらい。


ところが夫の家に着いたとたん、さっきまでの眠気はどこへやら。
すぐ近くに植物園(Kirstenbosch)へ行くことに。
しかも一番クタバッっていたはずの姉弟が、園内の
どの客誰よりも大はしゃぎ。
あぁ恥ずかしい。


こんな感じで (この写真は at喜望峰)
IMGP8499.jpg 





次に驚いたのは、食事が想像以上に美味しかったこと。
もっとジャンクで味がなく、超油ギッシュな料理をイメージしていたが、
どれも味がシッカリしていてとても美味!個人的にはシンガポールよりも
南アで食べた食事の方が好みだった。と、振り返ってみればそう思う。
食事に満足できたかどうかは旅の印象を左右する大きなポイント。
あと1ヶ月滞在してたら和食が恋しくなるのかもしれないが、少なくとも
今回の旅では米や漬物が食べたいとは全く思わなかった。
米が命の母でさえ、日本から背負ってきた和食をほとんど現地に
置いて帰ってきたのだからホンモノだ。




【外食】
IMGP8415.jpg IMGP8413.jpg IMGP8414.jpg


【お義母さんの家で】
IMGP8768.jpg IMGP8769.jpg IMGP8773.jpg




1週間、毎日遊びに出かけていたため
思い出を1つ1つ丁寧に書いていたら小学生の日記のようになってしまう。。
だから次回からは写真中心の日記にする。
半ば手抜きだということがバレバレであっても、そのようにする。


☆虹の国(=南ア)にかかった、大きな虹☆
nijidayo.jpg




Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。