上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.29 タッパ再来
昨日から少し微熱っぽく
食欲も普段の半分以下。珍しいこともあるもんだぁ~

なので、今日のお弁当は夫のみ。
私の分は冷蔵庫でお留守番です

☆野菜カレー☆
imgp5318.jpg


ぴぎゃさんちのヨダレがでそうなカレーに影響されて
うちもカレーにしたのだけど、時間がなかったので
結局いつもとおんなじ普通のやつ

ただ、我が家はノンオイル&粉とスパイスで作る
スープタイプなので、外に持ち出す時は
お弁当箱じゃ用が足らないのですね。
こぼれて、鞄がウコンに染まるのがオチですもん。


ハイ、そこで活躍するのが??
そう、例のタッパですよね奥さん♪
しつこいようだけど密閉力は弁当箱の万倍ありますから
デザインを気にしなければホントに使えるのですよ
うちのシャバダバ・・・   もとい!
シャバシャバカレーに耐えられるのはタッパくらいなもんです。

夫は今頃、シャツを汚して私に怒られないよう
ドキドキしながらカレーをすすっていることでしょう♪
・・と書いて、くしゃみをしないか心配ですがぁw




にしても今日のダルさは半端ない↓
体が非常~に重いのですが、この背中にかかる重みは何なのですか?!
何かに取り憑かれているのですか??

!!まさか・・・ 虫の怨霊じゃあるまいな

虫を可愛がる夫に「スィンジラレナイ!」と わめき責めたせいで虫に・・・
祟られたのではあるまいナ

はぁああ・・・カレーの上にのっけたアスパラが青虫に見えてきました

栄養満点☆いもむしかりぃ(ノД;)
美味しく食べている夫の顔は・・・ やっぱり想像しないでおこう(


お見舞いクリック・・お願いします☆

☆エスニックなスタッフドピーマン☆

ピーマンにシシケバブのタネを詰めて焼いてみました

imgp5061.jpg


☆シシケバブ☆
材料
・鶏ひき肉(皮なし)
・卵
・片栗粉
・すりおろしニンニク
・すりおろしショウガ
・塩こしょう
・クミン
・カルダモン
・ガラムマサラ
・シナモン
・クローブ
・チリパウダー
※スパイス類は全て粉末です

ハンバーグや、つくねと同じ要領でコネたら
ピーマンに詰めて蒸し焼きにします。
お肉に味が付いているので特にソースは作りませんでした。

下にひいてあるのはキャベツのバルサミコ炒めです

2008年7月

☆タンドリーチキン☆
今回も余分な油は使いません
imgp4847.jpg


☆タンドリーチキン(3人分)
材料
・鶏モモ肉 (皮なし) 3枚
・ターメリック 小さじ3分の2
・クミン 小さじ2分の1
・カルダモン 2つまみくらい
・ガラムマサラ 小さじ3分の2
・パプリカ(無くても大丈夫) 小さじ2分の1
・チリパウダー(一味唐辛子でもOK) 少々
・すりおろしニンニク 3かけ
・すりおろしショウガ 大さじ2分の1くらい
・塩 小さじ2分の1
・こしょう 少々
・レモン果汁 小さじ2分の1
・無糖ヨーグルト 100グラム
※スパイス類は全て粉末
※スパイス類はカレー粉(固形でなく粉末)でも代用できます


☆作り方
1 鶏肉はフォークでとブスブス穴を開け、お好みの大きさに切ります
2 鶏肉に塩、コショウ、にんにく、ショウガをすり込みます
3 しっかりめのビニール袋に鶏肉とスパイス、ヨーグルトを入れ、よく揉みます
4 ヨーグルトの色が均一に黄色くなったら、そのまま冷蔵庫で一晩寝かせます
5 オーブントレーにアルミホイルを敷き、漬けておいた鶏肉を並べ
200度で約30分度焼きます
※オーブンによって温度と時間に差がありますので、様子を見ながら焼いて下さい


imgp4850.jpg




インド料理でよく使われるスパイスには、漢方と共通するものが多く
香りと味、刺激が食欲を促したり新陳代謝を活発にしてくれます

我が家はインド料理の出番が多いのですが、レストランで出されるものは
ディープフライや油ギッシュなメニューばかりですよね。
一見ヘルシーにも思える本格的なカレーだって、ギー(澄ましバター)が
たっぷり入っていますし、一緒に出てくるライスにさえギーが入っているんです。
日本の白米と同じ感覚でモリモリ食べたら・・・ブルブル

そうは言っても外食の時は普通に注文して食べてしまいますが、
せめて自宅で作る時くらいはオイルフリーにしようかなって思ってます。
余計な脂を使わなくても、十分美味しくできるもんですヨ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。