上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.04.12 SNS
指一本で、たちまち「友達」になれる。
一昔前じゃ夢のような出来事が今じゃ当然のごとく繰り広げられているけれど、手軽になればなるほど「友達」の定義は曖昧さを増してくる。友達とは、一体なにをもってそう呼ぶのだろう。
わたしがFacebookから離れた理由はここにあった。

SNSは投稿した記事の公開範囲を制限できるもんだから、個室のような感覚になるのかもしれないね。
今日のランチ、明日の洋服、週末の旅行、結婚しました、産まれました、うんたらかんたら。。。みんな惜しげも無くプライベートをさらけ出し、ケツ丸出しでネットを彷徨う。
だから一度しか会ったことのない人でも、まるでお互いのことを全てを知りつくしているかのような錯覚に陥ってしまうことがある。これがSNSでいうところの「友達」ってやつなんだろうな、


SNSにはSNSの良さがある。わざわざメールや手紙で伝えるほどでもない報告なんかを、まぁちょっと見といてよ!ってな感じで共有するにはもってこいだと思うし、共有された側は私宛のメッセージじゃない=返事は任意。的なところに少し安心したりもすることもある。
でもね、写真付きの独り言なんてよっぽどの有名人じゃないと興味なんて持たないよ?「いいね」は共感の印じゃなくて一種の「既読」マークでしかないからね。そこを勘違いして大変なことになってる奴が、たまにいる。そういう奴ほど「友達」が多いと豪語したりするんだから、、
ほんとにもう。

SNSは楽しい。これは否定できない事実だけども、やはり本当に伝えたいことがあればSNSなんかに投稿しないでメールなり手紙なり、宛先のある形で相手にきちんと届くように送りたいなと考えるようになってきた。そして、その宛先として思い浮かぶ名前こそが本当の友達なのかなぁ、なんて。
絵を描くならば。

たとえば

その人の

一番美しいと思う所から。。










なんつって(笑)
普段は絵なんか描きゃしませんよw
最近、相方が水彩画に熱中してるので
つられて手を出してみた素人です(=´∀`)







初めてパンスプ(パンクスプリング)というフェスに行ったんですけど、
いゃぁ〜想像以上の興奮に包まれて帰ってまいりました!

パンスプは一つのフロアを左右に分けて、それぞれのステージで交互にライブを行なうスタイルなんだけど、
分かれているといっても壁で隔ててるわけじゃないので隣の音も普通にガンガン聴こえるの。
だから本命のバンドが右のステージだとしたら、右で待機しながら左のバンドを見られるわけ。
これ、ものすごく効率いいと思わない?
待ち時間を無駄にしないし、左右どっちも見たいと思ったらそれが叶うんだから。
サマソニじゃあ二つ同時には聴けないぜ?

しかも今年はSIM、ゼブラヘッド、マンウィズ、ランシド、FOB...っつう究極に楽しいヤツが来ててテンションやばかった!
おかげで早速カラダが痛いよ(´Д` )




日本に着いたばかりの外国人に
「YOUは何しに日本へ? 」と、来日の目的をインタビューして
面白そうだったら密着取材をさせてもらうっていう番組があるんですけど、
ある日の放送で、佐世保バーガーを食べるためだけに日本に来たっていうアメリカ人男性がいたんですよ。

「代々木で食べた佐世保バーガーが忘れられない 」つってさ、
ものすごい満足そうに食べてんの(笑)
でもなぜ代々木?と聴いたら、どうやら彼は佐世保が地名だってことを知らなかったみたいで
すかさずスタッフがバーガーの名前の由来と発祥について説明すると
まじか!じゃあ本場に行かなきゃな!
って、その勢いでほんとに佐世保に行っちゃった。
まぁ、佐世保バーガーを食べることが旅の目的なんだし行くしかないよね。

その後も、マンデー チューズデー さーせぼっ♪ と歌いながら楽しそうにしていたよ(笑)

バーガーのために飛行機乗っちゃうような彼の人生、さぞかしハッピーだろうね(=´∀`)人(´∀`=)



この話を思い出したらハンバーガーが食べたくなったので
私も佐世保バーガーを求めて出かけてみました。




佐世保までは行けなかったけどね(笑)

2015.03.17 詩とバロック
「 こんばんは、いつも楽しく聴いています!いま試験勉強の真っ最中です! うんたらかんたら。。」

ラジオを聴いていると
時たまこんな投稿がある。

音楽や人の声を聞きながら勉強できるとは

実に羨ましい体質だ。と、常々思っている私です。

が、なんでか谷川俊太郎の詩においては別なようで
ことさらバロック音楽をかけながら読んだ日には
スッと言葉が心に入りこんでくる。
まるで最初から詩集にBGMが組み込まれていたみたいに
音と情景が一体となって体当たりしてくる。
そんなファンタスティックな現象が起きることに
気がついてしまった早春の夜。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。